LAPRAS BACKBONE

LAPRAS株式会社公式note「LAPRAS BACKBONE」です。 「届くべき機会を届ける。」をスローガンに、すべての人に最善の選択肢が届く世界を目指しています。エンジニアや採用担当者に向けて仕事に対する考え方やキャリアの作り方で役立つような内容をお伝えします。

LAPRAS BACKBONE

LAPRAS株式会社公式note「LAPRAS BACKBONE」です。 「届くべき機会を届ける。」をスローガンに、すべての人に最善の選択肢が届く世界を目指しています。エンジニアや採用担当者に向けて仕事に対する考え方やキャリアの作り方で役立つような内容をお伝えします。

マガジン

  • LAPRASキャリア図鑑

    LAPRASメンバーのBACKBONEとしてこれまでのキャリアの歩みを紹介するマガジンです。

  • LAPRASメンバーのnote記事

    LAPRASのメンバーが個人で書いているnoteを集めてきたマガジンです。是非、素敵な記事があったら「いいね」もお願いします。

リンク

LAPRASキャリア図鑑

LAPRASメンバーのBACKBONEとしてこれまでのキャリアの歩みを紹介するマガジンです。

すべて見る
  • 11本

副業で自分の力を試し、自信をつけてキャリアを作る

今回は、LAPRASのソフトウェアエンジニアことねさんのキャリアを紹介します。 SFCで生命科学を学び、バイオハッカソンにも参加。慶應義塾湘南藤沢高等部に通い、大学は理工学部に行こうと思っていたのですが、友人から「情報系やりたいならSFCの方が良いよ」と聞いてSFC(湘南藤沢キャンパス)に進学しました。 慶應大学のSFCでは個性的な方にたくさん会いました。 プログラミングを教えてくれた大学の先輩に「PHPを絶対に勉強してはいけない」と熱弁されたり、毎日最低でも5つXXS脆

スキ
17

インプットしてから動き出す。 「面白い」を仕事にするエンジニアのキャリアの作り方とは?

今回は、LAPRASのソフトウェアエンジニア兼スクラムマスター endoさんのキャリアをご紹介します。チームの中で自分の立ち位置を悩んでいるエンジニアの方のご参考になると幸いです。 ゲーム開発に夢中だった小中学生時代幼少期は人口1万人ちょっとの小さな町で育ちました。ものづくりが好きで、プラモデルを作ったり、図画工作をする時間が大好きでした。 小学生の頃に父親が新発売のWindows95を買ってきたのがプログラミングを始めたきっかけです。Windows95でゲームをしている

スキ
32

「エンジニア+〇〇ができる」で自分の市場価値を高める〜LAPRAS最古参エンジニアdenzowさんのキャリア〜

今回のキャリア図鑑では、LAPRASで一番社歴が長いエンジニアであるdenzowさんのキャリアをご紹介します。 大学時代は文系。オンラインゲームが好きでIT企業に大学は法学部でした。なぜ法学部にしたかというと、理系で一番難しいのは医学部、文系で一番難しいのは政治経済や法学部というイメージがあり、カッコよさそうだったからです。 それくらいのモチベーションだったので、入学してすぐに法律が自分に向いてないことに気づきました。大学時代は法律の勉強はあまりせずに、一般教養や体育の授

スキ
28

スキルを貯めて、会社の外と繋がることでチャンスを掴む 〜LAPRASプロダクトオーナーchanmoroさんのキャリア〜

LAPRASメンバーのこれまでたどってきた道のりから、キャリア作りに役立つ情報を提供する「LAPRASキャリア図鑑」。今回は現在LAPRASでソフトウェアエンジニア兼プロダクトオーナーをされているchanmoroさんにお話をお伺いしました。現在SIerに所属されている方や、これから新しいことに挑戦していきたいエンジニアの方のご参考になると幸いです。 LAPRASでソフトウェアエンジニア兼プロダクトオーナーをしているchanmoroです。スクラム開発チームで開発計画の策定と外

スキ
25

LAPRASメンバーのnote記事

LAPRASのメンバーが個人で書いているnoteを集めてきたマガジンです。是非、素敵な記事があったら「いいね」もお願いします。

すべて見る
  • 44本

法務1年目に知りたかった、一人法務の情報収集のやり方をまとめてみる

わぁ〜〜新年度だあ〜と業務に忙殺されているうちに、気づけばもうGWが目前です。4月って師走だっけ…そんな一人法務・入社3年目の春です。 一人法務ももうすぐ3年生に突入ということで、そろそろ「法務ビギナー」を名乗るのは言い訳かな?と思いつつも、上を見れば限りなくすごい先輩方・弁護士や学者の先生がいらっしゃり、やっぱりまだまだ初心者だと名乗っていたいお年頃。 とはいえ、本当のビギナーの方に情報をちゃんと残しておくのも務めだと思うので、今思えば一年目で知りたかった「一人法務の情

スキ
38

なぜ僕はGatherの中で働きたくなるのか

こんにちは。ryo-endoです。 職場のLAPRASでバーチャルオフィス Gather を試験導入して一ヶ月ほど経ちました。 毎日、自宅の仕事部屋からバーチャルオフィスにサインインして、チームとの会話やミーティングを行っています。 ふと気づくと「ひとりで集中してタスクを処理したいとき」に、バーチャルオフィスで屋上の席に移動して仕事をしていることに気がつきました。集中するならGatherをサインアウトしてしまうほうが合理的な気もするのになんでだろうと感じたので、僕なりに深

スキ
82

覚悟を決めるのは怖いけど、法務以外の兼任業務を手放してみようと思う。

ベンチャーのバックオフィスには色んなボールを拾う人が必要だし、兼任法務であることを誇りに思っていたけど、そろそろ法務に専念しようと思い、兼任業務を手放す宣言を最近会社でしています。正直、兼任を自分から解除していくのはかなり怖いのですが、法務をちゃんと極めるために覚悟を決めたいと思えた、そんな記録をせっかくなので残しておこうと思って書いていきます! ということで、LAPRASで法務部門の責任者をしています、飯田裕子です。LAPRASでは一人法務にプラスして、働く環境づくり(総

スキ
30

LAPRASのPMMが2021年にしたこと・考えたことを振り返る

特に ①社内外のエンジニアとどう関わってきたか ②どういうことを考えたか ③どう動いていたか に触れながら、2021年に自分がやってきたことを振り返りたいと思います。 自分の振り返りを兼ねてやってみたところすごく盛り上がってしまい、4,800字くらいになってしまいました。 プロフィール ・LAPRAS toC ProductMarketingManager の長廻(@nagasako)と申します ・リクルート→メルカリ→LAPRASという経歴です ・最近の悩みは「家で使

スキ
12